「冬の中に春を見る心」

老年期というのは、たしかに人生の四季の中で、いうならば「冬」にあたると思います。

暗い話も多くなり重い心になることも多いでしょう。しかし、人と生まれてきて冬の中に

暗さ、厳しさしか見ることができないのでは勿体ないことではないか?と思います。

人生の冬にあっても、その中に春を感じることができる。それは、すばらしいことだと思

います。老いの中の豊かさとは、そういうことではないのでしょうか?難しい事ですが、

年をとったからとか病気になったからといって、決して暗いことにばかり目を向けずあたたか

く光るものに、心を向けて春を感じることができたらいいなと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA